ニュース

打浪雄介先生らの論文がアクセプトされました

2022年05月21日

A study on predicting cases that would benefit from proton beam therapy in primary liver tumors of less than or equal to 5 cm based on the estimated incidence of hepatic toxicity

Clinical and Translational Radiation Oncology Volume 35, July 2022, Pages 70-75

  •  
  • Yusuke Uchinami, Norio Katoh, Ryusuke Suzuki, Takahiro Kanehira, Masaya Tamura, Seishin Takao, Taeko Matsuura, Naoki Miyamoto, Yoshihiro Fujita, Fuki Koizumi, Hiroshi Taguchi, Koichi Yasuda, Kentaro Nishioka, Isao Yokota, Keiji Kobashi, Hidefumi Aoyama

コメント:サイズの小さく(5cm以下)で肝機能が良好(チャイルド分類A)な肝がんにおいて、どのような症例に陽子線治療のメリットがあるのかを考察した論文です。臨床現場ではどのような患者さんに陽子線治療が適切であるかを迷う場合が多いですが、これらの結果をもとにより最適な治療選択の一助となることが期待されます。

https://www.ctro.science/article/S2405-6308(22)00041-6/fulltext