放射線治療の魅力

全身の腫瘍の治療に精通する
”Oncologist”育成に向けて

放射線治療は手術・化学療法と並ぶがん治療の3本柱のひとつであり、放射線治療医の本質とは、全身の腫瘍の治療に精通する”Oncologist”であるといえます。放射線治療の対象疾患はほぼすべての悪性腫瘍にわたり、頭頸部がんや肺がん、食道がん、前立腺がんなどでは放射線治療が第一選択となることも多くなっています。また悪性腫瘍だけでなく、聴神経腫瘍、血管腫、ケロイドなどの良性疾患も放射線治療の対象となっています。このような幅広い疾患を診察するために、放射線治療医は全身の診察技術を身につける必要があります。また外科や内科の医師と連携しながら治療方針を決定していくにあたり、手術や化学療法についても幅広い知識が求められます。

北海道大学放射線治療学教室では日本初のRALS(Remote After Loading System)やRTRT(Real-time tumor-tracking Radiotherapy)などの開発に携わり、放射線治療の発展に貢献してきました。また2014年からは陽子線治療センターでの治療を開始しており、日々多くの患者さんに高度な医療を提供しています。当科では年間1000名近くの患者さんを治療しており、多様な症例経験と手厚い指導体制のもと、国内・国際学会への参加や論文発表を積極的に行なっております。

プライベートに関しても充実できる環境が整っており、カンファレンスなどの開催は極力勤務時間内に行っています。またご家庭やお子さんの事情で遅刻・早退する場合も助け合えるような環境が整っており、女性医師の皆さんに関しては、産休や育休明けの復職に関しても柔軟に対応しています。もし興味を持たれた学生・研修医の皆様がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

入局者の声

高階力也先生

放射線治療医と聞いてどんなイメージを持たれているでしょうか?放射線治療計画の作成のため一日中地下室のパソコンのモニタの前で黙々とキーボードとマウスを操作しているような風景でしょうか。大学6年間の医学教育であまり時間を割かれず、医師国家試験ではあまり出題数も多くないため、多くの医学生のみならず、他科の医師でもその実態はよくわからないという方は多いのではないでしょうか?

放射線治療は手術療法、化学療法と共に癌の三大治療と称されており、また今話題の免疫療法との併用による相乗効果も報告されています。IMRTはもちろん、陽子線・重粒子線やRTRT(real-time tumor-tracking radiotherapy)、FLASH照射といった正常組織への照射・副作用を抑制しながら癌細胞への効率的な照射を実現する粒子線・機器も開発され、一部の癌種に対しては機能温存したまま手術と同等の治療成績を誇っています。適応は今後拡大され、まさに末広がりの分野です。入局先の選択の際には、特に癌治療に対して興味を持っている方は是非一度は検討して頂きたく思います。

私は学生時代から癌治療に対する興味をもっており、化学療法を行う内科もしくは放射線治療科の二択でありました。そのような中、放射線治療に決めたのは以下の三つの理由です。①放射線治療科は臓器別ではなく、体に発生するほぼ全ての癌が放射線治療検討の対象になり得ること。臓器毎に区切るのではなくオンコロジーの幅広い領域と関わり合うことが出来ます。あらゆる癌種と向き合いたいと考えている人には向いている診療科だと思います。②癌の局在部位に放射線を照射するという治療が視覚的にも効果をよく実感できると感じられたこと。例えば頭頚部癌では内視鏡で腫瘤が減容していく様を眼で見られますが、体内奥深くに局在する癌でもCT上で照射野の腫瘤が消えていく経過を追うことが出来ます。この自ら行った手技(治療計画)によって視覚的に治療効果を実感できることの楽しさは、個人的には手術療法としての外科医の醍醐味にも似ているのではないかと思っています。③根治が狙える治療でありながら低侵襲であること。もちろん放射線治療にも副作用はありますが、低侵襲であるため放射線治療科の病棟の患者さんは担癌状態でありながら比較的お元気な様子の方が多いです。治療完遂後の患者さんのQOL維持も期待されます。また、BSC方針の患者さんでも緩和照射で状態が改善し、一時的にでも活力を取り戻す様子はとても嬉しく思います。初期研修中に出会った放射線治療医の上級医は、「疼痛除去など患者さん自身が効果を実感しやすい緩和照射は、感謝されやすいためやりがいを強く感じる」と仰っていました。放射線治療は「物理」「機械」といったイメージが先行してしまうかもしれませんが、患者さんを癒す喜びを直接的に感じられる診療科でもあると思います。

最後になりますが、北大病院放射線治療科は毎年若手が複数人入局し、とても活気溢れる診療科です。是非、貴職の入局をお待ちしています!

檜垣朔先生

この文章を読まれているのは放射線治療に興味をお持ちの医学生や研修医でしょうか。他の診療科に決めつつも、放射線治療を学びたいという意欲的な方もいるんでしょうか。特に放射線治療に係わる職を検討している方の参考になれば幸いです(欲を言えば放射線治療科に入って欲しい)。

さて本邦の平成30年の死亡数を死因順位別にみると、第1位は悪性新生物(がん)で37万3547人(死亡率(人口10万対)は300.7)で、平成30年の全死亡者に占める割合は27.4%であり、全死亡者のおよそ3.6人に1人はがんで死亡しています。年次推移で見てもがんは一貫して増加しており、昭和 56 年以降死因順位の第1位となっています。既に人口の4分の1が65歳以上の高齢社会となっている日本において、今後もがんは死因の多くを占めることになるのは容易に予測されます(2019年時点で28.4%)。
上記の様に多くの死因の原因となっているがんですが、がんの発生臓器や病理組織は多岐に渡り、同じがんでもTNM分類におけるステージも様々です。また、がんの治療法も大きく分けて手術、化学療法、そして放射線治療の3つに分けられます。当然放射線治療科は放射線治療を専門にしていますが、おそらくどこの病院においても(正しい言い方か分かりませんが)独占的に放射線治療をしており、つまりほぼ全てのがん治療において放射線治療科は無くてはならない存在と言えます。放射線治療とひとまとめにしても、単独で放射線治療を行うこともあれば、手術や化学療法と併用して行うこともあり放射線治療の中でもバリエーションに富んでいます。治療計画を立案する際にも検討すべき事項は多く、常々学びがあるので学問的にも興味深いと感じます。
また放射線治療はがんを根治的に治療する際だけでなく、進行癌で有効な治療法が無くなったがんに対しても症状緩和目的に行われます。病期を縦断的に診療している診療科はあまり他に無いと思いますし、根治治療だけではなく緩和治療でも重要な役割があるということは非常にやりがいを感じます。

以上から放射線治療はあらゆる種類のがんの、様々なステージで係わることのできる稀有な診療科と言えることができ、それが私が専攻科として選択した理由です。簡単な説明になりましたが、その他にも細胞毎の放射線の感受性や放射線自体の物理的性質、照射中の固定精度など考えることは種々あります。おそらくこの文章を読んでも具体的なイメージがつかないと思われるので、興味のある方は放射線治療学教室で「見学したい」とお伝えください。誰かが案内していただけると思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

矢ヶ部俊彰 先生

私が放射線治療科という科を知ったのは大学受験の時でした。身近な家族ががんになり、当時漠然とがんを治す医者になりたいと思っていた頃に「北海道大学病院に陽子線治療センターというものすごい施設ができて、痛みなくがん治療をすることができる。」というニュースや新聞を目にしました。大学受験を終えて北大に進学すると同時に思い切って放射線治療学教室にメールをし、幸運にも当時教授であった白土先生に直接お会いすることができ放射線治療学について様々なお話を伺いました。その後も学生時代に物理学・生物学教室を含む放射線治療学教室で多くの方に非常にお世話になり、様々な知識を深める機会をいただきました。

その中で一番印象的である言葉は「放射線というものは地球が誕生する前からあるにも関わらず、人類が発見したのはつい最近であり、その歴史はまだわずか100年少々である。しかし、その100年で最も医学に貢献した学問領域の一つである。これほどまでに急激な進化を遂げた医学領域はおそらく放射線医学領域のみであろう。」というものです。たしかに、わずか100年足らずでこれほどまでに進歩した医学領域を私は知りません。また、放射線治療学は非常に科学的であるということです。そもそも放射線医学は物理学を基礎にした学問であり、そこから医学へ応用がなされた学問領域です。したがって、その現象は物理的であり科学的です。経験的・技術的な学問であるより、放射線治療学は科学的であり、理論・知識を基礎とするが故にこれほどまでに急激に進化することができたのだと思います。放射線治療学はこれからますます発展する領域です。放射線と分子レベル、細胞レベル、臓器・生体レベルでの相互作用には未だ解明されていないことが多々あり、今後それらの臨床応用への期待が高まっています。

最後に、がん治療における放射線治療はすばらしい治療です。手術のように身体に大きな傷を付けることなく、がんの根治から緩和まで幅広く応用することができます。また、特定の臓器に縛られることはありません。全身どこに発生するがんでもその多くが放射線治療の対象となり、がん以外の良性疾患に対しても適応となります。放射線治療学教室はがんで困っている人を助けたいという強い気持ちがある人なら誰にでも門戸を開いています。若い皆さんに少しでも放射線治療の魅力に興味を持っていただけたら幸いです。