データベースについて

対  象

本データベースの利用は、放射線医学の研究および神経学の研究を行う方々を想定しています。

特  徴

本サイトは132人の健康な人(男:女=65:67;年齢=22〜67歳)の画像を掲載しています。画像は各年代別・男女別に分けてあり、目的とする年齢・性別を選んで、ダウンロードすることが可能です。

この画像データベースを用いることで、患者群と健常人のFAの違いの統計学的検討を行うことが可能となります。(尚、ご利用にあたっては、患者の脳のFA画像を標準化する必要があります。)

解剖学的標準化、平滑化にはSPM99アルゴリスムを利用しています。

画像データは、Analyzeフォーマット(割り当てビット=16ビット)でできています。

詳しい撮像条件については、「撮像条件及び画像処理」を参考して下さい。

撮像条件及び画像処理

撮像条件

MR装置1.5 T Magnetom Symphony (Siemens Medical System)
撮像方法Single-shot spin-echo echo-planar 拡散テンソル法
TR5100 ms
TE139 ms
FOV240 mm x 240 mm
マトリックスサイズ128 x 128
NEX2
MPG方向12
スライス方向横断像
スライス厚5mm
スライスギャップ1.5 mm
b値1000 s/mm²
スライス枚数23
 

画像処理

FAマップの作製
ワークステーション名Dr. view/ LINUX version Release 2.5
FA計算式FA=
データアウットプットAnalyseフォーマット(16ビット)
解剖学的標準化
利用したアルゴリスムSPM99
インターポレーションSinc
平滑化
利用したアルゴリスムSPM99
FWHM8mm

利用条件

本データベースは、非営利の研究を目的とした場合に限り、利用できることとします。

本データベースは当ホームページからダウンロードされた真正のものについてのみ利用を許可するものであり,ダウンロードされた本データベースを複製,改変又は譲渡して利用することを禁じます。また,ダウンロードの際に送付されるパスワードを第三者に譲渡又は開示してはならないものとします。

学会発表や論文に用いる場合は、「ターキンキン、寺江 聡、工藤 興亮、宮坂 和男、北海道大学大学院医学研究科放射線医学分野」への謝辞をご記載ください。

本データベースは,利用者に原型のまま提供されるものであり,エラーを含み得ます。また、他の撮像機種及び撮像条件下では正確な解析結果が得られない可能性があります。本データベースを使用して、使用者が導き出した結果に、我々は責任を負いません。

我々は,本データベースのダウンロードによって生じる、およびそれに続発しうる一切の損害(直接の損害、間接の損害の別を問いません)に対する責任を負いません。

利用希望者はメールにてご連絡ください。
メールタイトルには【FADB使用希望】と明記の上、メール本文にメールアドレス、名前、所属名、郵便番号、国を書いてください。 折り返し、メールにてご連絡いたします。