研究の概要

【最先端・次世代研究開発支援プログラム】

研究課題名:
「水分子プローブと位相変動を利用した次世代非侵襲的脳血流代謝MRI検査法の開発」
研究カテゴリ:
「ライフイノベーション医学系」

【研究代表者】

工藤 與亮Kohsuke Kudo

北海道大学病院 放射線診断科/准教授

【専門分野】放射線画像診断学、核磁気共鳴画像

【研究目的】

安全・高精度な次世代の非侵襲的脳血流・酸素代謝MRI検査法を開発
  • 安定同位体であるO-17水分子プローブを造影剤として用いた、
    放射線被曝やアレルギー反応のない高精度の脳血流MRI検査法の開発
  • 局所磁化率を利用した非侵襲的な酸素代謝MRI検査法の開発。

結果

脳梗塞の適切な急性期治療や予防の実現による健康社会の実現と社会問題の解決

【研究成果】

01O-17標識水の脳内濃度計測に成功
  • O-17標識水を無菌的注射製剤としてGMP準拠で製造する方法を確立
  • 非臨床安全性試験により毒性がないことを確認
  • 独自開発のMRI撮像法を用いて、O-17標識水の静脈内投与による
    ヒトでの脳内濃度変化マップの取得に成功
  • ヒトへの投与でも有害事象がないことを確認
02定量的脳酸素摂取率の画像化に成功
  • 定量的磁化率画像を利用し、MRIによる脳酸素摂取率の定量画像を開発
  • ゴールドスタンダードであるPET画像と比較して良好な相関性を確認