沿革

1949年 昭和24年
若林勝教授、初代放射線科教授。
1967年 昭和42年
世界初高線量率遠隔腔内照射装置(RALSTRON)を島津製作所と開発。
1968年 昭和43年
ベータトロン設置。
1970年 昭和45年
コバルト60治療装置設置。
1971年 昭和46年
第2代放射線科教授に入江五朗教授就任。
1977年 昭和52年
第36回日本医学放射線学会 入江教授宿題報告リニアック設置。
1988年 昭和63年
放射線治療計画専用CT開発。
1992年 平成4年
第3代放射線科教授に宮坂和男教授就任。
1995年 平成7年
病院情報システムと連携した電子温度板システムが放射線科病棟で稼動開始。
1998年 平成10年新病院に放射線部治療部門、リニアック、マイクロセレクトロン、治療計画装置、その他の治療機器を整備し、DICOM3でネットワーク化。
治療計画用MRIを日立電機と開発。
動体追跡放射線治療装置を三菱電機と開発。
1999年 平成11年
米国放射線腫瘍学会にて動体追跡放射線治療装置が口演として採用され、雑誌The LANCETに掲載。
同治療法がNHK全国放送・毎日新聞などで紹介。
2000年 平成12年
「動体追跡照射装置」が北海道大学と三菱電機との国内共同特許として認められる。
「体幹部病巣に対する定位放射線治療」が日本で初めて高度先進医療として認可される。
国際研究会GATED RADIOTHERAPY2000と日本体幹部定位放射線照射研究会を主催。
2001年 平成13年
動体追跡照射装置が米国にても特許として国際承認される。
高度先進医療開発経費が「動体迎撃強度同調放射線治療」に認められる。
2004年 平成16年体幹部定位放射線治療が肺癌、肝癌などを対象に健康保険適応となり保険収載された。
医学部保健学科の設立に伴い、医学部保健学科に西岡健教授就任。
2006年 平成18年
第4代放射線科教授に白土博樹教授就任。
2008年 平成20年
強度変調放射線治療(IMRT)が健康保険適応となり保険収載された。
2009年 平成21年
最先端研究開発支援プログラム「持続的発展を見据えた分子追跡放射線治療装置の開発」が採択され、陽子線治療装置を北海道大学病院の敷地内に建設することが決定。
2010年 平成22年
第1リニアックを更新しVarian社のCLixが稼働開始。またRALSの治療計画装置としてOncentraを導入。
北海道大学病院の診療科としての放射線科が放射線治療科と放射線診断科に分かれた。
新潟大学医歯学総合研究科放射線医学分野に青山英史教授就任。
2011年 平成23年
RALS室の透視装置を島津DSAに更新。
治療計画CTをGE社Optima580(16列のMDCT)に更新。
第2リニアックもVarian社のCLixに更新し稼働開始。
PAGE TOP