IVR

Interventional Radiology (IVR) 部門紹介

IVR部門では、主に血管造影検査や画像機器を活用した治療(IVR)を担当しています。対象疾患は多岐にわたり、内科系・外科系など多くの診療科と協力して、様々な診断・治療を行っています。
業務の大部分は血管造影用X線透視装置を使用して診断・処置を行っています。血管造影用X線透視装置は専用のCT撮影装置、回転DSA(Digital Subtraction Angiography)撮影による3次元画像作成機能、C-arm装置によるCT-like imaging機能などを備え、高精度の診断・治療を行う環境が整っています。
また、当部門専属の日本Interventional Radiology学会専門医を中心として、日常業務、臨床研修、研究を積極的に行っています。

血管造影検査とは?

血管に血管撮影用の管(カテーテル)を挿入し、造影剤を注入して血管を撮影する検査です。細かな血管の形態、血液の流れ、腫瘍の栄養動脈の診断、圧測定などを行います。

fig_ivr_001
肝動脈造影による肝細胞癌の診断

 

IVR とは?

X線透視、血管造影、超音波、CT、MRIなどの画像診断技術を使って体内の状態を確認しつつ(画像ガイド下)、皮膚を刺して(経皮的に)体内に挿入した各種器具(カテーテル、穿刺針など)を用いて処置・治療を行います。
大きくは、血管内から治療を行う血管系IVRと、血管外から治療を行う非血管系IVRに分類されます。

fig_ivr_0021fig_ivr_003
金属コイルによる腎動脈瘤の経カテーテル的塞栓治療(TAE)

左図:治療前 右図:治療後

 

fig_ivr_0041fig_ivr_0051
画像ガイド下膿瘍ドレナージ(膿汁吸引)

左図:Realtime virtual sonography(CT・超音波同期画像)
右図:X線透視膿瘍造影・ドレナージカテーテル留置

IVR の特徴は?

fig_ivr_0063fig_ivr_0071
ラジオ波焼灼療法(RFA)

右図:転移性肺癌 左図:腎細胞癌

 

当院で行っているIVR診療は多岐に渡りますが、代表的なものは以下の通りです。

 

  • 肝細胞癌に対する動脈塞栓術(TACE):
    肝細胞癌を栄養する動脈へカテーテルを進め、抗癌剤と血管塞栓物質を注入する治療(TACE)を、年間約200例実施しています。適応は、原則として手術やラジオ波焼灼療法(RFA)が不適応の患者さんが中心です。
  • 血管奇形(動静脈奇形AVM/動静脈瘻AVF)に対する動脈塞栓術(TAE):
    体幹部、四肢の血管奇形に対する経カテーテル治療(TAE)を当院形成外科と協力して行っています。従来は治療が難しいと思われていた病変も、少しずつですが治療が可能になってきています。肺動静脈瘻については、手術に比べ治療時間、入院期間とも短く、体の負担が少ないため優先して選択されます。
  • 肝切除前門脈塞栓術(PVE):
    肝切除術前に、切除する側の肝臓の血管(門脈)を塞栓し萎縮させると、残す側の肝臓の容積が増大します(代償性肥大)。これにより、術後肝不全に陥る危険を低下させることができます。
  • 血流改変術:
    経カテーテル的動注化学療法において効率的に高濃度の薬剤を病変へ注入するため、また、外科切除後の臓器虚血を目的として、動脈塞栓を行うことがあります。
  • 血管狭窄に対する血管形成術(PTA):
    狭くなった血管にカテーテルを進め、風船で強制的に拡張したり、筒(ステント)を留置して血管を広げる治療です。
  • 埋め込み型中心静脈ポート留置:
    継続的な化学療法、点滴治療、栄養補給などを目的としたポート留置を行っています。
  • 常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)に対する動脈塞栓術:
    腎は2004年、肝は2006年に本学倫理委員会の承認を得て行っています。動脈塞栓術により嚢胞の容積を縮小させます。腫大した腎臓/肝臓による多彩な症状(腹部膨満、食欲不振、呼吸困難感、体動制限、腹痛・腰痛など)の改善が期待できます。
  • 子宮動脈塞栓術(UAE):
    2003年に本学医学部倫理委員会の承認を得て、有症状(過多・過長月経、月経痛、頻尿、貧血、腹部膨満感等)の子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術を行っています。
  • 内臓動脈瘤に対する動脈塞栓術:
    内臓の動脈に生じた動脈瘤は、万が一破裂すると致死的になることもあります。塞栓用金属コイル(塞栓物質)で動脈瘤の血流を遮断し、破裂しないようにする治療です。手術に比べ治療時間、入院期間とも短く、体の負担が少ないのが特長です(部位によっては非適応の場合もあります)。
  • 経皮的ドレナージ術:
    体内の異常な液体貯留(胆汁、腹水、膿など)や、胆汁うっ滞(閉塞性黄疸)に対して、画像ガイド下で経皮的に管を挿入して排泄させる処置です。
  • 胆道形成術:
    狭窄した胆管の拡張術、ステント留置を行います。
  • 経皮的ラジオ波焼灼術(RFA):
    2003年に本学医学部倫理委員会の承認を得て、超音波およびCTガイドのRFAを行っています。肝癌以外に、肺癌(原発性・転移性)や腎癌に対しても治療実績があります。(治療の詳細については、外来担当医にお問い合わせ下さい。)
PAGE TOP