放射線診断

画像診断は、現代医療における疾患の質的診断や治療計画において非常に大きな役割を担っており、画像診断の基礎は、現代医療を行う上で身につけるべき素養の一つといえます。

画像診断には、超音波検査、CT、MRI、血管造影などの最先端の画像診断機器を用いています。放射線科では、これらの機器や技術を使いこなし、画像情報を最大限に引き出す方法、それぞれの検査法の適応、効率的な検査法の選択、正確な読影方法などを、学ぶことができます。また、症例が豊富であり、定期的な画像診断カンファランスや講義を通して、様々な疾患の画像診断を経験することができます。研修医の先生方に対しては、スタッフがマンツーマン方式で読影の指導を行っています。

全病院的な協力のもと、放射線科指導医の作成したプロトコールに基づきCT/MRIの造影剤の注射は看護師が業務として行なっており、研修医は読影業務に専念できます。また、新たな診断方法の開発にむけ、世界レベルの大学院教育を行ない、企業との共同研究も盛んであります。

また、画像診断技術を利用しながら血管造影の手技を応用した低侵襲治療も行っておりその分野は特にinterventional radiology (IVR) と呼ばれています。カテーテルと呼ばれる細い管を用いて血管内から治療したり、超音波、CT、MRIで確認しながら細い針を直接病変に刺して種々の病気を治療するもので、最小限の傷で、有効な治療ができます。放射線科では、IVRを目指す先生方の研修も行っており、それぞれの臓器に特化したカテーテル操作の専門家も、全身の血管のカテーテル操作ができる人材も育っています。

多臓器の検査と治療を素早く行なう必要がある医療、たとえば救急医療や癌医療などで非常に役だつとともに、新たな治療法をめざした先端的な大学院教育も行なっています。

PAGE TOP