MRIについて

MRIとは

MRIは強力な磁石と電波を使って人体の断面像を得る検査です。CTと比較してX線被爆がない、様々なコントラストの画像が得られるという利点があります。T1やT2などの核磁気共鳴固有のパラメータを利用して、異なる組織や病変を区別しやすい画像を作り、病変の特徴を知ることができます。また、任意の断面を画像化できるので、病変と周囲の正常組織との関係が把握しやすいという利点もあります。

現在北大病院の診断用MRI装置は1.5テスラ超伝導磁場装置が4台、3テスラ装置が一台稼動しています。3テスラ装置は国内で先駆けてマルチトランスミット法という画質改善法を体幹部にも採用し、高分解能画質を提供しています。装置により画質や可能な撮像方法に違いがみられ、症例や撮像部位により使い分けを行っています。

MRI装置(図1)における代表的な臨床例を臓器別に紹介します。

頭部中枢神経系領域;日常臨床では、3テスラ装置の高い信号雑音比を生かした高分解能撮像が特に役立っており、MR血管撮影による小さな動脈瘤の評価(図2)や、脳表の解剖学的イメージングと造影後MR静脈撮影との合成像(図3)、造影後の3D撮像による小さな転移性脳腫瘍の診断(図4)など幅広く使用されています。特殊な撮像法としては、拡散テンソル、磁化率強調像、動脈スピン標識法などが使用されています。拡散テンソルにより、神経線維の走行の描出(Tractography)を行い、脳疾患の手術の術前計画に利用されています(図5)。磁化率強調像は、外傷後の微小出血や正常静脈を高い精度で描出することが出来ます(図6)。動脈スピン標識法(ASL)では、造影剤を使うことなく、完全に患者さんにとって非侵襲的に、頭蓋内の毛細血液潅流の画像化を行うことが出来ます(図7)。

 

体幹部領域

心臓MRI;特に重症三枝病変における診断能の高い高分解能画像による負荷Perffusion MRI検査で、虚血の評価(図8)を行っています。遅延造影MRIで、心筋バイアビリティ評価(図9)および各種心筋症の鑑別診断を行っています。また、造影剤を使用しなくても心筋梗塞と正常心筋の局所の収縮能を評価できるストレインイメージングや冠動脈の非造影MR angiography(図10)も行っています。

乳腺MRI;3テスラ装置を用い造影ダイナミック撮像による腫瘍の血流評価と高分解能撮像による腫瘍形態の詳細な評価を行い、術前の癌の広がりを診断しています。視覚的に乳癌の部位や広がりを認識しやすいよう、3D画像を作成し、診療に役立てています(図11)。また、術前の化学療法やホルモン療法に対する治療効果判定を行っています。

骨盤MRI:日常臨床において、子宮筋腫(図12)や子宮腺筋症、子宮内膜症、卵巣腫瘍などの種々の婦人科病変に対して幅広い診断を行っています。また、子宮体癌、子宮頸癌、卵巣癌など婦人科癌の進展度評価や治療効果判定、再発の診断などを行うなかで、最新の撮像技術や高精細な画像を用いて、微小病変の検出や詳細な進展度評価などを行い、診療に役立てています。産科領域においても胎児奇形や胎盤の評価などを行っています(図13)。

その他、体幹部領域一般や関節のMRI診断も日常的に行っています。

PAGE TOP